Reiwa Security / 令和 セキュリティ

Reiwa Security / 令和 セキュリティ

セキュリティ(英: security)は、人、住居、地域社会、国家、組織、資産などを対象とした、害からの保護。 一般には保安のことであり、犯罪や事故などを防止するための警備全般を指す。 コンピュータ関連の文脈では、特にコンピュータセキュリティを単にセキュリティと呼ぶ場合がある。 金融業界では、出資を募る団体を損害から保護するという意味から派生して、セキュリティが証券を意味する場合がある。 保安(ほあん)とは、身体や財産などを危険から守り安全な状態を保つこと。不慮の事故や天災から守る防災と、悪意のある人物や団体から守る防犯に大別される。警備やセキュリティ(英語:Security)ともいう。また、国家や政府などが社会秩序を維持することは安全保障や治安と呼ばれる。

· 2 min read
Reiwa Stock / 令和 株式

Reiwa Stock / 令和 株式

株式(かぶしき)とは、株式会社の構成員(社員=株主)としての地位(社員権)や権利のことである(通説)。 「株式」という日本語は、独占営業の権を許された集団の成員という意味の「株」と、中世における土地収益権を意味する「式(職)」という語に、その沿革を有する。 英語では見方により呼称が異なる。証券としてはストックといい、株式会社等の自己資本はエクイティという。 通説である社員権説では、株式は株式会社の構成員(社員=株主)としての地位(社員権)をいうとされている。

· 3 min read
Reiwa EV / 令和 電気自動車

Reiwa EV / 令和 電気自動車

電気自動車(でんきじどうしゃ)とは、電気をエネルギー源とし、電動機(モーター)で走行する自動車である。略称は一般的にEV(Electric Vehicle)が用いられる。内燃機関(エンジン)を持たない事から、走行時に二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物が出ないゼロエミッション車である。 電気モーターを動力源とする電気自動車は、車載電池(バッテリー)から電力を得る電池式電気自動車と、走行中に電力を外部から供給する架線式電気自動車とに大きく分けられる。軽自動車や普通乗用車としては電池式電気自動車が注目されたが、大型車を電気自動車にするには大量のバッテリーを搭載しなくてはならず重量が課題となる。そのため、大型車ではハイブリッドカーや架線式電気自動車が注目された。 電池式電気自動車は、外部からの電力供給によって二次電池(蓄電池)に充電し、

· 2 min read
Reiwa Investment / 令和 投資

Reiwa Investment / 令和 投資

投資(とうし、英: investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる語である。 どのような形態の投資も、不確実性(リスク)が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性も高まる。この一般則に反する取引が可能な場合、裁定取引が行われ、収益率の低下またはリスクの増大が起こる。 金融における投資は、金融資本を経済・経営活動を通じてリスクのある投資対象に投下すること。投資対象としては多様なタイプの投資資産があり、異なったリスクやリターンのプロファイルがある。投資が必要となるのは、

· 3 min read
Reiwa Cloud / 令和 クラウド

Reiwa Cloud / 令和 クラウド

> 「クラウド(クラウドサービス、クラウドコンピューティング)」とは、クラウドサービスプラットフォームからインターネット経由でコンピューティング、データベース、ストレージ、アプリケーションをはじめとした、さまざまな IT リソースをオンデマンドで利用することができるサービスの総称です。 代表的なクラウドのタイプ クラウドが普及した現在では、いくつかの異なるモデルやデプロイ戦略が出現し、さまざまなユーザーの特定のニーズを満たせるようになっています。 クラウドには主に 3 つのタイプがあります。Infrastructure as a Service(IaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Software as

· 1 min read
J-Startup / スタートアップ

J-Startup / スタートアップ

> 日本では約1万社のスタートアップが日々新しい挑戦をしています。 しかし、グローバルに活躍する企業はまだ一部。 世界で戦い、勝てるスタートアップ企業を生み出し 革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供する。 それが経済産業省が推進するスタートアップ企業の 育成支援プログラム「J-Startup」です。 = 経済産業省 [https://www.meti.go.jp/] A new initiative created by the Ministry of Economy, Trade, and Industry (METI) in

· 1 min read
Reiwa Trend / 令和 トレンド

Reiwa Trend / 令和 トレンド

傾向、動向、趨勢(すうせい)、方向、傾き、向き、流行(のスタイル) トレンド(英語:trend)は、時代の趨勢、潮流、流行のこと。ファッション、マーケティング、経済動向分析などの分野でよく使用される。統計学では、傾向変動を指す。 感性豊かで時代の趨勢をいち早く見抜き、一般に流行する前に取り入れる人々のこと。 A trend is what’s hip or

· 1 min read
Reiwa Investing / 令和 インベスティング

Reiwa Investing / 令和 インベスティング

インベスティングとは投資のことです。 投資とは経済活動において、将来的に資産を増加させるために、現在の資産を投じる活動のことです。 最近では人生100年時代に備えて、個人が少額でも積立投資をすることが呼びかけられるなど、注目が集まっています。 社会的インパクト投資とは、貧困、教育、福祉、環境などの分野における課題解決を図り、社会的リターンと経済的リターンの双方を求める投資行動です。投資は先進国および途上国にて社会問題や環境問題の解決を使命とする企業、NGO・NPO・ファンドに対して行われ、投資により各事業を支援することでこれらの分野に好循環を起こすことを狙いとしています。 2007年に初めて導入されたこの概念は、2009年に米国にてグローバル・インパクト・インベスティング・ネットワーク(GIIN)が設立されて以来、急激に広がりました。当初は途上国において貧困削減のためのマイクロファイナンスが拡大したこと、先進国ではグローバル経済が新興国市場を新たなマーケットとしてとらえ始めたことが、この投資スタイルの発展をけん引しました。 近年では途上国のみならず、

· 2 min read
Reiwa Channel / 令和 チャンネル

Reiwa Channel / 令和 チャンネル

テレビ放送におけるチャンネル(英語: television channel)は、テレビ放送局またはテレビ放送ネットワーク毎に割り当てられた物理的な伝送路またはそれらを示す論理上の番号。それぞれの番号の示すチャンネル(=伝送路)にはそれぞれの周波数が割り当てられている。 ただし、日本語の文脈では、放送局またはその放送番組、受信機(テレビやチューナー)の選局スイッチ、リモコンキーIDなど放送局を示す番号などの意味が混在して用いられる場合もある。 例えば、東京を中心にした関東地方では最高12チャンネル分が放送されている(放送法による県域放送などの放送対象区域の関係上、実質的には同時に受信できるのは最大9チャンネル、アナログ放送のVHFアンテナのみの受信の場合は最大7チャンネルとなる)。関西地方では平均8チャンネル(アナログ放送のVHFは最大6チャンネル)、北海道・中京地方・岡山県・香川県・福岡県では7チャンネル(VHFは最大で4〜5チャンネル)

· 2 min read
Reiwa Fintech / 令和 フィンテック

Reiwa Fintech / 令和 フィンテック

フィンテック、fintech(英: financial technology)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジー(フィナンス・テクノロジーとも呼ばれる)の略。 「ICTを駆使した革新的(innovative)、あるいは破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流」などの意味で使用される。既存の金融機関が持つ総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることが可能となる。 フィンテックと金融工学は共に金融に情報処理を用いたものであるが、違いとして、金融工学は従来の手法に情報処理を用いるものである、フィンテックは情報処理技術を用いて新たな金融サービスを作り出すという用語として使われる。

· 2 min read
Reiwa Community  / 令和 コミュニティ

Reiwa Community / 令和 コミュニティ

共同体(きょうどうたい)とは、同じ地域に居住して利害を共にし、政治・経済・風俗などにおいて深く結びついている人々の集まり(社会)のこと(地域共同体)。組織の名称の一部として用いられることがある(欧州共同体など)。 日本語では「地域共同体」が「地域社会」をも意味し得うるため、転じて国際的な連帯やインターネット上の集まりなども「共同体」あるいは「コミュニティ」(英語:community)と呼ばれる(例:ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体、アフリカ連合、米州機構、東アジア共同体(

· 2 min read