5G 4K UHD

by Reiwaing

 

5G / 4K / UHD / Ultra HD キーワードをブランディングでき

るドメイン 登録 完了

ICT Trendに効果的なドメイン 5G4KUHD.com

第5世代移動通信システム(だい5せだいいどうつうしんシステム)。英語: 5th Generation, 「5G(ゴジー、もしくはファイブジー)と略記される。

4K解像度(よんケイかいぞうど、フォーケイかいぞうど、英語: 4K resolution)とは、横4,000×縦2,000前後の画面解像度に対応した映像に対する総称である。Kは1,000を表すSI接頭辞「キロ」の意味で、横・縦の解像度を意味する4K2Kとも呼ばれる。現在民生用では「4K解像度」「4K」と言う場合、以下のどちらかを指して使われる。

なお、2015年現在の日本の地上デジタル放送や通常のBlu-rayは2K放送(Full-HD)以下の解像度がほとんどである。

4K 8Kテレビ放送(よんケイはちケイテレビほうそう)(4K 8K Television)は、現行の高精細度テレビジョン放送(ハイビジョン。1080i(2K)や720p)に比べ、映像・動画の解像度(画素数)が高い映像4Kや8Kの「スーパーハイビジョン」で行われる日本の放送の通称。

2013年に次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が設立され試験放送を行った[1]。2016年4月1日にはNexTV-Fとデジタル放送推進協会(Dpa)が合併し、放送サービス高度化推進協会(A-PAB)が発足[1]。

2018年12月1日からは、BSで本格的に家庭向け4K・8K放送が開始された。

UHD (Ultra HD)

「4K」と一言でいっても、その地域によってイメージされるものが異なります。日本で4Kと言えば、テレビ放送での4Kがイメージされるでしょうし、ハリウッドのフィルム市場のある米国で4Kと言えば、デジタルシネマ規格のフル4Kがイメージされるでしょう。放送に使うものであっても、番組素材なのかCM制作の合成素材なのかによっても求められるものが異なってきます。こうした違いを意識しておくことは大事です。

テレビ放送においては、ITU-R(国際電気通信連合 無線通信部門)が規格策定しています。テレビ放送向けの4K解像度は、既存のフルHDを縦横2倍に拡張する形で、3,840×2160ピクセルとして規定されました。「QFHD(Quad Full HD)」の表記がなされていましたが、その後、一般的な呼称として「Ultra HD」と表現されていきました。しかし、ITU-R勧告に従った8K解像度の英語表記は「Ultra High Definition Television」とされており、「Ultra HDTV」と略して表記されることも多くなりました。「Ultra HD」は、8K解像度の英語表記と混同しやすいため、最近では「UHD」の表記するのが一般的になっています。なお、ITU-R勧告においては、解像度呼称の略称について4Kを「4K UHDTV」、8Kを「8K UHDTV」と表記しています。 プログレッシブ方式が採用され、色域はITU-R BT.2020、フレームレートは30, 50, 60, 100, 120Hzと規定されています。現在、ドロップフレーム採用地域においては、29.97, 59.94, 119.88Hzにも対応することで、現行のフレームレートとの互換性を保っています。 4K/8Kの次世代映像はプログレッシブ規格となったことから、インタレース規格のようなフィールド分解に起因するジャギーの発生や縦解像度の劣化もなく、解像度を生かした高精細な映像が得られます。

ブランド構築のドメイン名

令和 (Reiwa) 時代へ ドメインを 自社サービスのマーケティング、ウェブメディア、ブログ作成のためなど、
流行に乗ったドメイン名を取得してみませんか?

賢い選択 — 早い選択。

競争から抜け出したい,未来を考えてください。あなたのビジネスの成功はすぐそこにあるかもしれません。

Reiwa’s

 

 

You may also like